文学作品を読む方法【太宰治「人間失格」を読む】

太宰治 「人間失格」

 

おおまかには知っているから・・・

と敬遠してはいませんか?

 

実は文学作品を読み切るにはコツがあるんです。

 

この記事では文学作品の読み方と太宰治「人間失格」についてご紹介します。

 

記事を読み終えると文学作品があっという間に読めるようになりますよ。

 

 

1.文学作品を読む方法

f:id:hidemyface:20210510194950j:plain

文学作品は時に言い回しが難しく感じたり、

時代背景がよくわからずいまいち入り込めなかったり。

 

それでいて長編なので、

挫折してしまったという経験をもつ方もいらっしゃるでしょう。

 

文学作品を読む際には、

先にあらすじを掴んでおくことをおすすめします。

 

読みやすいのはまんがです。

人間失格 [まんがで読破]

 

「まんがで読破」シリーズは文学作品を多くまんが化しています。

 

あらかじめストーリーがわかっていると、

文章でも読みやすくなります。

 

今はあのあたりだなというのもわかり、

読み進めていくのも苦になりません。

 

また、動画であらすじを見ておくのもおすすめです。


www.youtube.com

 

中田敦彦さんの動画でも文学作品は紹介されています。

 

かなり細かく説明している印象です。

 

動画が好きな方にはおすすめ。

 

これらの方法で大まかにストーリーを掴んでおくと、

驚くほど読みやすくなります。

 

実際にこの方法で太宰治「人間失格」を読んでみました。

大まかな流れがわかっている分、

マンガの情景を思い出しつつ

「今はこのへんだな」という目安が常にありました。

 

そうすると、

半分くらいだな。

このあと主人公がこうなっていく、

どんな言葉で書かれているんだろうと余裕さえ生まれます。

 

では、今回読んだ「人間失格」について。

 

2.太宰治「人間失格」

f:id:hidemyface:20200309205659j:plain

恥の多い生涯を送ってきました

 

有名な一文ではじまるこの話は、

本当の自分を隠し世間を恐れ続けてきた主人公が描かれています。

隠している自分を見破られることも恐れ、

恐怖ばかりの人生。

 

堕落していく人生。

その果ては変わり果てた姿。

 

後味はあまり良くないかもしれません。

 

誰しも秘密があり、

その気持ちをぎゅっと掴むような作品です。

何度もぎゅっと掴んでくるのは不快に感じるかもしれません。

それでも目が逸らせない。

そんな作品です。

 

一人でじっくり読むのがおすすめです。

 

 3.まとめ

敬遠しがちな文学作品。

あらすじを掴んでから読み始めると、

驚くほど読み進めることができます。

 

過去に挫折してしまった1冊

気になっていた1冊

 

是非マンガや動画で大まかにつかんでから読んでみてください。

 

圧倒的に読みやすくなっているはず。

 
 

 

 
キャラクター化された文豪達が登場する漫画「文豪ストレイドッグス」について紹介しています。
作品名や文豪自身のエピソードなども登場する作品。
アニメ化もされているのでおすすめです。